花まるまとめノート

花まる日本史まとめノート - 日本史は「流れ」「出来事」「人物」の3つがポイント!<☆蜜> と一緒に楽しく覚えましょう。
 かんじにふりがなをふりたいときは【ふりがなあり】ボタンを、ふりがなをやめたいときは【ふりがななし】ボタンをおしてください。

西暦701年の出来事

   〔出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』〕

語呂一覧  ●前後の出来事 西暦700年 ⇔ 西暦702年

語呂合わせ 慣れい(701)大宝律令に
主な出来事 5月 - 新羅、霊巖郡太守の諸逸を流島に処す(『三国史記』)
西ゴート王ウィティザが祖父のエルギカから王位を継承する
ランゴバルド王リウトペルトが父のペルクタリトから王位を継承する
ラジンペルトがリウトペルトを暗殺し、ランゴバルド王の座を奪ったが直後に死去し、息子のアリペルト2世が王位を継承する
日本▽
1月23日 (旧暦) - 遣唐使を任官。遣唐執節使は粟田真人(続日本紀)
1月 - 伊豆大島に流されていた役小角が赦される(『日本現報善悪霊異記』)
3月27日(文武天皇5年2月14日) - 釈奠の初見(続日本紀)
4月13日(文武天皇5年3月1日) - 大宝令の官位が施行される。中納言は廃止(続日本紀)
5月3日(文武天皇5年3月21日) - 改元して年号を大宝とする。
5月19日(大宝元年4月7日) - 下毛野古麻呂ら3人が親王・諸臣・百官人に大宝令の講義を始める(続日本紀)
6月17日(大宝元年5月7日) - 遣唐使の粟田真人が節刀を授かる(続日本紀)
7月10日(大宝元年6月1日) - 道首名が僧尼令を大安寺で説く(続日本紀)
7月11日(大宝元年6月2日) - はじめて内舎人を任じる(続日本紀)
7月17日(大宝元年6月8日) - 大宝令を施行(続日本紀)
9月9日(大宝元年8月3日) - 大宝律令が完成(続日本紀)
9月14日(大宝元年8月8日) - 明法博士を西海道を除く六道に遣わして、大宝令を講義させる(続日本紀)
8月26日 (旧暦) - 大和王朝、高安城を廃城(続日本紀)
12月11日(大宝元年11月8日) - 初めて造大幣司を任じ、弥努王と引田尓閇を長官とする(続日本紀)
12月12日(大宝元年11月9日) - 弾正台に畿内を巡察させる(続日本紀)
花まる日本史もくじ


花まるまとめノート Copyright c 2013 <☆蜜> All Rights Reserved.