日本史出来事一覧 - はなまるまとめのおと

はなまる日本史まとめノート - 日本史は「流れ」「出来事」「人物」の3つがポイント!<☆蜜> と一緒に楽しく覚えましょう。
 かんじにふりがなをふりたいときは【ふりがなあり】ボタンを、ふりがなをやめたいときは【ふりがななし】ボタンをおしてください。

西暦200年の出来事

   〔出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』〕

語呂一覧  ●前後の出来事 西暦199年 ⇔ 西暦201年



語呂合わせ 皆さんの楽しい語呂合わせを 『語呂合わせ投稿』 でお待ちしてます。

西暦200年の主な出来事 曹操・袁紹の争い。序戦は白馬の戦い、決戦が官渡の戦い、終局が倉亭の戦い(袁紹軍壊滅)
孫権が呉の君主となる。

2世紀の主な出来事 2世紀初頭 - 日本で石器が消滅し、鉄器が普及する。
2世紀初頭 - ペルーでナスカ文化がおこる。
2世紀初頭 - ティオティワカンの都市設計が行われる。
「月のピラミッド」「太陽のピラミッド」「死者の通り」が建設される。
101年頃 - カンボジアで扶南が建国される。
105年 - 後漢の蔡倫が製紙法を改良する。
107年 - 倭国王帥升ら、後漢の安帝に生口160人を献上する。
(後漢・永初元年、丁未;『後漢書』安帝紀、同東夷伝)
この頃、倭は朝鮮の弁韓・辰韓の鉄を盛んに輸入する。(『三国志』魏書韓伝)
117年 - ローマ帝国のトラヤヌスがパルティアに遠征し、ローマが最大版図となる。
130年頃 - インドのクシャーナ朝でカニシカ王が即位する。(- 170年ごろ)
135年 - ローマ帝国がユダヤ人の蜂起を鎮圧。ユダヤ人のエルサレム立ち入りを禁止する。
147年頃 - 倭国大乱(- 189年ごろ)
156年 - 鮮卑の檀石槐が北匈奴を破り、モンゴル高原を統一する。
166年 - 後漢で党錮の禁が起こり、宦官が儒学派の官僚を弾圧する。
166年 - 日南郡(後漢)に大秦王安敦(マルクス・アウレリウス・アントニヌス)の使者が到着。
184年 - 後漢で黄巾の乱が起こる。
184年頃 - 倭国乱れ、互いに攻伐しあい(倭国大乱)、長い間盟主なし、と伝える。(『魏志倭人伝』)
この後、卑弥呼が共立されて、王となる。(『魏志倭人伝』)
「中平□年」の紀年銘を持つ大刀出土する(奈良県天理市東大寺山古墳)。中平は、184~189。
192年 - 後漢で権勢を振るっていた董卓、呂布に殺される。
また、同じく日南郡の区連が蜂起し、独立して林邑(チャンパ王国)を建国。
192年 - ローマ皇帝コンモドゥスが暗殺されアントニヌス朝は断絶。
193年 - セプティミウス・セウェルスがローマ皇帝となる。
はなまるまとめのおと


はなまるまとめのおと Copyright c 2013 <☆蜜> All Rights Reserved.